食卓と心の関係性

こんにちは!izumiです

夕飯に並ぶメニューをみると、自分の心具合がよく分かるなぁと最近思う。平日は帰宅時間が大体同じなので、やってることはほぼ同じ。

もちろん、子どもの宿題の出来具合で多少左右されることはあるけれど。

帰って来てからのルーティーンは出来上がってる。それなのに、自分のモチベーション具合で食卓の並ぶ料理に差がありすぎる!笑

大したものじゃないけど、手料理がガッチリ並ぶ日もあれば、お惣菜で埋め尽くされる日も。時にはカップラーメンの日だってある。

すべては私のモチベーションに直結している。

忙しい日でもそれなりに夕飯を作りたい!お惣菜一品を取り入れる

ある日の夕飯。

この日はなんだか、バタバタした日。ちょっと訳あって祖母の夕飯(お弁当)を用意することに。

私、アピタのお惣菜がわりかし好きで。祖母のお弁当を買うついでに、自分宅のお惣菜も。アピタのお惣菜コーナーに立ち寄ったらコレですよ。

ぷりぷり海老のカクテルサラダ

これー。めっちゃ好きなんですよねぇ。

絶対買っちゃう。

この日はさらに子ども達を病院に連れて行く日で。

仕事終わり→学童迎えからの病院。もうこういう日はほんとバッタバタですよ。考えるだけで疲れるわ。

こういう日は帰ってきたらご飯なんて作りなくない(作る気力がない)ので外食に走るか、惣菜に走るか、はたまたカップ麺か。

それも全然ありなんですけどね。数日、適当過ぎるご飯が続くと気になってくるのです。

なにか一品だけでも用意すれば嫌でもなにか作るだろうという。という作戦を組みお惣菜を買ったわけです。←本当はただ食べたいだけ

すべてはぷりぷり海老のために!

 

帰宅後30分でごはん

面白いもので、たまに自分でもビックリするくらい効率的で無駄のない動きをします。

あーやれば出来るじゃん私。と思いなら自分を褒める。1品作っただけだけど 笑

(自分は自分で褒めるのですよ)

普段からこんな風にテキパキ動けるといいんですけどねぇ。。私ってあらゆることに無駄が多いんですよ。一日活動時間の1/3くらいはよく分からない時間を過ごしてる気がする。

 

無理なくやるには、結局は自分の好きを取り入れること

うちは、私と子ども二人の3人での生活。結婚してる時は、旦那さんが帰ってる思うとキチンとご飯つくらなきゃ。とか思う訳ですよ(一応ね)

で、たま〜にご飯いらないって日があるとそれは私にとってご飯を作らなくて良いサボれる日。

そして、子ども達との3人の生活になると気にする相手がいない訳です。子どもの栄養が気になるから頑張るだけの話であって、サボろうと思えばどこまででもサボれる。

私のようなグータラ者は、自分を奮い立たせねば、どこまでも落ちてゆく。

なので、どれだけ自分が楽しめるかってのはすごく意識していて。息子たちのリクエストでもいいし、自分の好きなものでもいいし!

なんでもいいけど、とりあえず自分が楽で楽しめる方法を取り入れることで、そう苦に感じずやれたりしています。

この日のメインはキャベツとミートボールのトマト煮。ミートボールはさえ作ってしまえば、あと野菜を入れてひたすら煮るだけ。

特別なものじゃなくても「手を加えて作った」という自己満足で、よし!今日もやり切った!と思えるのです。

 

ABOUT ME
izumi
izumi
4年制通信大学に通うシングルマザー。 離婚を期に高校中退であることに不安を覚え高認資格を取得、その後通信大学に入学し現在福祉と心理学を学んでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です