子どものお金に関すること

【小学生向け】子どもの教材費を節約する方法

小学生の学習ドリルの節約方法について話していきます♪

うちには小学生の子どもが2人
上は3年生、下は1年生。

子ども達は学校が終わると児童クラブにお世話になっています。

放課後児童クラブに入るメリットとデメリット 我が家の子ども達は小学校内にある放課後児童クラブに通っています。 授業が終わるとそのまま、同じ敷地内の教室に移動し、そこで親が迎え...

児童クラブでは毎日30分間の勉強時間が設けられていて、その間に学校で出たその日の宿題や、自宅から持ってきたドリルをやって過ごします。

2年生に上がったころから、ビックリするような宿題の多さで、親である私がたまに気の毒に思うほど・・・。平日はその日の宿題で精一杯の状態です。

逆に土曜日とか夏休みなどの長期休みは、日誌が終わってしまうと児童クラブの学習時間にやることがないんですよね。
※正確にいうと、宿題は終わってないけど一人ではできない(わからない)宿題が残ってしまっている状態

 

通信教材は現状難しい!市販のドリルは高い!

一時期、小学生向けの通信教材を考えた時期もあるんですが、だんだんと学校の宿題が多くなり、平日は宿題だけで手一杯の状態。

毎日コツコツやる通信教材は今の我が家には難しい。

そこで本屋さんに売っているドリルを常に用意して持たせることにしたんですが、市販のドリルって地味に高くないですか?

字の練習とかだとあっという間に終わらせて3~4しか持たないことも多々

もう終わっちゃったの?

700円~900円くらいするドリルを1週間に何冊も買えない。

 

それで一時期、ノートに計算ドリルとか漢字ドリルを繰り返しやるように言ってたんだけど・・・

え〜またやるの〜?

的な感じで、全然乗り気ではなく・・・。

たしかに長期休みは、日誌などの基本の宿題+漢字・算数ドリルを1から再度やり直して提出することになっているので、飽きるのも分かる。

DAISOドリルのコスパがよすぎ!幼児用~小学生に向けたドリル

幼児用~小学生向けにさまざまな種類のドリルが売られています。
文部科学省「学習指導要領」に基づいた編集だそうで、100円+(税)で買えるとは思えぬ内容の濃さです。
教材にもよるけれど、70ページくらいあって、中身はギッシリ!

お得すぎる~

DAISOの教材のすごい所はドリルだけじゃない!

DAISOの教材・知育コーナーに行くと、ドリルや幼児向けの絵本がいろいろ売られています。

大人向けの塗り絵とかイラストの練習ノートとか売ってるよ♪


こういう「あいうえおカード」とか「ABCカード」もあるんですよ~

厚みのあるカードで、100均とは思えぬコスパの良さ。100均はどこまで進化するんだろうか・・・と思いながら。

ドリルの難点

100円でこれだけのドリルが買えるって素晴らしと思うんだけど、やっぱり難点もあります。これは私が個人的に感じることなんだけど。

ドリルって「〇歳頃~」とか小学生なら「○年生向け」っていう対象があるわけじゃないですか。だから「計算 小学3年生」というドリルがあったら中身は小学3年生で習うであろう内容が載っているわけで。

これを3年生の1学期始ってすぐとかに買うと

なにこれっ!問題が全然わからない!

ということになるんですね~。
もちろん「予習バッチリ!」のよくできるお子さんはそんな心配はないと思いますが。

それで、復習を兼ねて1学年前のドリルにしたら?というと、それはそれで嫌みたいだし。(小さくても男のプライドか?)

【無料プリント】小学生向けの教材サイトを使う

そこで私がオススメするのが、学習プリントのデータを無料でダウンロードする方法です。
勉強したい所をピンポイントで選んで勉強することができます。

学習プリントサイトがオススメな理由

ドリルは全体の流れを勉強するには向いているかもしれないけれど、プリントはあくまで学校の授業外でやることなので「復習」とか「苦手克服」に使えると思っていて。

逆に「得意なところ」でもいいと思うんですよね。親が横について一緒に勉強するなら苦手な所をやるべきかもしれないけど、分からない問題を一人でやっても意味ないし辛いだけじゃないですか。

うちの場合は「児童クラブで一人で勉強する」ことを目的としてプリントを使っているので、子ども達の分かりそうな問題だけを使っています。

 

無料の学習プリントサイト

無料で学習プリントをダウンロードできるサイトがいくつかあるから紹介するね♪

 

ちびむすドリル

ちびむすドリル

対象は就学前~中学生教材までかなり幅広いです。
教科も多いし、プリントの種類の多さやデザインが豊富です。

 

ぷりんときっず

ぷりんときっず

就学前園児~小学校3年生が対象
月間250万DL突破とのこと。

 

ぷりんと365

ぷりんと365

対象は小学1年生~小学4年生で算数に特化したサイト
カテゴリーの分類が細かくて、自分が欲しいプリントが見つかりやすいです。

小学校低学年の算数はひたすら数をこなして計算になれる!って感じなので、ひたすら計算が続くプリントって便利ですよね。

まとめ

ノートに学校のドリルや計算カードを写しながら勉強するよりも、市販のドリルやプリントを渡した方がやる気が出るようで

もうこんなにやっちゃったよ~!

と嬉しそうにしてます。

いろんな種類のプリントを渡して、子どもが好きなものから手を付けられるのもいいのかもしれません。

自宅にプリンターがある場合やコピーできる環境にある方は学習プリントサイトは本当にオススメです。

ABOUT ME
izumi
izumi
4年制通信大学に通うシングルマザー。 離婚を期に高校中退であることに不安を覚え高認資格を取得、その後通信大学に入学し現在福祉と心理学を学んでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です