節約

暮らしの中で私が大切にしていること

こんにちは!Izumiです

心理学のクラスの中でブレインストーミングというものをしました。出された課題について、とにかく自由奔放にアイデアを出す。

1グループにつき最低20個。それを5グループ全てが最後に発表するので、その数100個以上!

いくつか課題があったんだけどその中の一つは「少子化対策」

考える時間は5分程度と短いですが、出るわ出るわ…一瞬のうちに、20個埋まりました。

現実的な意見だと

・保育、学童の充実・待機児童解消

・育休制度、働き方の選択肢を増やす

・大学までの学費完全無償化など

ほとんどが子どもの預け先問題と教育資金だったかな。

中には、ぶっ飛んだアイデアなんかもあって「男性も出産できるようにする」とか「一夫多妻ならぬ、一妻多夫」とかね (笑)

これはちょっと違う気もするけど、現代の女性の強さが感じられる気がして面白かった。

どんな生き方をするにせよ、色んな選択肢があるといいな~と思います。

と言っても私たちは、今を生きねばなりません。

毎日、全力で1日を駆け抜ける体力も気力もない。元気な時はいいですけどね

そういう意味では、少子化対策も大切だけどそれ以上に、子どもをもつ親のケアの方が大切な気がする。大変ながらも出来る人はいいんですよ。

でも、中には難しい場合もあるわけで。感じ方も状況も人それぞれもともと持ってるものが違うんだから何でもかんでも 精神論で片づけようとしてもなんの解決にもならないと思うのです。

みんな、それぞれ大変で日々、色々あるってことですな(´_ゝ`)

貯めるためにやめたこと・変えたこと

今月発売の「サンキュ!」3月号に掲載していただきました!

94AC5E32-54E6-4009-BC2E-329AA732EA61.jpeg

(全4ページ)ありがとうございます!

面倒をやめたら自然と食費が抑えられるようになった!

私は極端に食費を削ろうとは思っていません。もちろん、好き放題買うわけでもないし(正しくは、買えるわけでもない)予算も決めてますが、食べることはすごく大切だと思っていて。

身体にとって必要というよりは心・気持ちの幸せの方が大きいかな。

大人である私は自分の好きなように食べられるけど、子どもは親に与えてもらわなければ食べられない。そう思うと好きなモノを食べさせてあげたいと思うし、お菓子も無駄だとは思いません。全て完璧にする必要もないし。

私は手作りお菓子が苦手(めんどう)なので俄然買う派!

毎日楽しく暮らすって大切

これがなかなか難しいことですけどね。でも、本当にそう思うのです

悲しいことも、ストレスも最小限でいい。

現実逃避するわけではないです。

いらぬ苦はドンドン捨てていきましょう!ってこと。

 

我が家は私のやる気にかなり左右される食卓です。それでも絶対に決めているのは、お腹いっぱいに食べさせること!

とにかく足りないというのは、私の中ではありえない。まぁでも適当にできるのは、旦那という存在がいないからかもしれません。結婚してるときはもう少し、気にしてたきがするので。

家計の管理とか色んな方針とか、何でもそうだけど決めるのは私。これが楽であり、良くもあるけどその責任はすべて自分と思うと気が重くもある。

と言っても全てを抱えることはできないし、いいお母さんどころか、私の場合足りない所の方が多いくらいなので^^;

ただ、自分の至らなさを認めているのでその面では楽かな。

不完全な自分でいいんだと思えること

周りに振り回されず、自分がいいと思うことをすれば良い。というか、結局それしかできないし無駄のない人生は物足らない。(計画性に欠ける人間の戯言か…?)

自分に合うものだけ探し出せる人がいたら、それは、それで素敵だと思うけど私には無理そうだ。

なんだろう?確立していないと言うべきか。

「これが必要で、これは必要じゃない」

「これは合うけど、これは合わない」みたいにハッキリしてない。

「今日はこっち、明日はこっち」

明後日は両方~♡というように全てが気分次第。

こんなんなので、計画性に欠けたりするんだけど、そういうところも自己受容してます。

否定して生きていくのは辛いじゃないですか。

お金を貯めるのは持久戦

生きている限りお金は使う。マラソンに例えるならばゴールまで同じペースで走り続けることは無理。その為に、私は人よりも多くの給水所を設けます。

給水所=お楽しみ

これが、どんな結果を生むのか分かりません。もっと頑張っておけば~!って思うかも?

でもある程度のゆとりがあったからそこ、今元気で居られるのかもしれない。

もちろん危機感も持ってるし、焦る時もあるけど焦ってどうにかなるもんじゃなし!

先ばかり、見ず目先のことにとらわれすぎずというところでしょうか。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です