ひとりごと

人生はパズルではなく、月に喩えたい

こんにちは!izumiです

「人生は◯◯のようなものだ」なんていろんな風に比喩表現されますよね。

このブログのタイトルは「Life is…」としております。もちろん、私なりに意味があって付けたタイトルではあるものの、この答えは…?

その話はまたいつか。

 

人生はジグソーパズルのようだ」と喩えられることってありますよね。

たしかに頷きたくなる言葉だけれど、私はパズルではなく「月」に近いのではないかと思ったのです。

もちろん、そんなものは人の感性なので、良い悪いとか間違いとか正しいなんてモノはないけれど、その方が楽なのではないか?と思ったのですよね。

人生はパズルではなく月と比喩したい理由

ジグソーパズルって面白いですよね。私も昔大好きでよくやりました。

でもパズルって、一つでもなくしてしまったら完成しないじゃないですか。だから無くさないように最後まで気を使いながら作りますよね。

穴の空いたパズル

もしも、穴あきのパズルがあったとして。

多くの人は、それを未完成だとして捉えるし、きっと無くなったピースを探すことでしょう。

たとえ、その穴のあいた状態が完成された形だとしていても。ぽっかりと穴の空いたパズルを見て、不完全さを感じてしまう人がほとんどではないでしょうか。

 

パズルを完成させられなかった人は、そのピースのない部分が気になって仕方がないし、いつの間に失くしてしまったのか、あの部分さえあれば…などと色々と想像を巡らすかもしれません。

パズルは本来、揃っているものという認識が(足りないであろう所を)無意識のうちに探して、はめようとすると思うのです。

一方で、月はどうでしょうか。

月というのは、色んな形をしますよね

 

まんまるの時もあれば、半分の時もある。

たまには消え入りそうなほど細く、新月の時には隠れみえなくなってしまう。 

 

ただ、月が消えてなくなっているわけではなくて、どんな時にも月は丸い。太陽の位置により見え方が異なったり、見えなくなっているだけの話。

 

私たちが、ふっと月を見た時

本来はまん丸な月が

半分になった姿であっても

見えない部分を探したり、不完全だなんて思わないんじゃなかな。

むしろ本来は丸いことさえ忘れていて、そのまま、目に見えるありのままの姿として捉えているような気がする。

月の状況

月は、必ずしも夜だけ見えるものではありません。たまに青空の中に浮かぶ月を見ることもありますよね。

そういう風でいいのかもしれない。

決まった時にしか見えないものでもなければ、不足しているわけではなくて。今はそういう状態に映し出されているだけ。

だから時間が立てば、また戻ってを繰り返す。見え方が変化しているだけで、元々のものはそこに変わらずあるのです。

そういうものですもんね。

 

どんな状態でも、本来の姿は変わっていないのです。

見え方がちがっているだけ。

三日月も、満月も

どんな時にも美しいのです。

だから月でありたいと思うし、人生はパズルではなく月に喩えたいと思う。

とはいえ、Life is…の後に月が来るとも違うのです。

 

抗うべき部分と受容していくことこんにちは!Izumiです(@idumi_0c0) 自分の意思とは関係なく変化を求められることって意外にも多い。変えられなものを知...

ここまで読んでいただきありがとうございました🌙

 

8+
ABOUT ME
izumi
izumi
4年制通信大学に通うシングルマザー。 離婚を期に高校中退であることに不安を覚え高認資格を取得、その後通信大学に入学し現在福祉と心理学を学んでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です