ひとりごと

変化を恐れない

 

思わぬところで起きる変化にとても困惑する。

自分が自ら選んで進んでいく場合、結論に至るまでに何度も悩み、時間をかけることができる。

一方で、すでに決定されたもの。
それは唐突であり、基本的に選択肢は無い場合が多い。


いや、多少の選択の余地はあるけれど
「変化すること自体」が受け入受け入れ難く、にっちもさっちもいかない状態に陥っている。



だけどね、例え自分にとって望ましくない状況だとしても、結局は「受け入れる他ない」と思うんだ。

ただ、次のステップに進むかどうはその人次第かな・・・。

今の私は、適応しなくてはいけないと思いながらも、ぬるま湯に使っている状態。

だけど、私は岩に張り付いた貝のようにはなりたくない。

受け入れることは、なかなか難しいので
まず、起こった出来事を「認める」ことから始めよう。



行き詰った時、よくこの本を読む。

日本で累計400万部、全世界では2800万部売れているベストセラー本
『チーズはどこへ消えた?』

この本では「2人の小人」と「2匹のねずみ」が登場し「チーズ」を求め、迷路をさまよう。


ここでいう「チーズ」とは、人生においてみんなが求めるもの。

例えば「仕事」「家族」「恋人」「お金」「地位」「健康」だったり


たとえチーズをみつけたとしても、それは当たり前に永遠に存在するわけではない。

チーズが消えた時にどう反応し行動するのか?





久しぶりに本を読み返し

自分はどのキャラクターに近いかな?
当てはめてみたけれど「2人の小人」「2匹のねずみ」すべてを持ち合わせている気がする。




今の自分の行動は、本能的に何かを嗅ぎつけた「スニッフ」のようであるし

すぐさま行動に移した「スカリー」でもある。


期待を寄せ夢を見る「ホー」であり

変化を恐れる「ヘム」でもある。

 

 

 

状況が変わるのならば、自分もそれに適応しなけば。



変化は失うことばかりでなくて、何かを得ることにも繋がるのだから


 

ABOUT ME
izumi
izumi
4年制通信大学に通うシングルマザー。 離婚を期に高校中退であることに不安を覚え高認資格を取得、その後通信大学に入学し現在福祉と心理学を学んでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です