商品レビュー

レジ袋有料化に向けて「マハロのマイバスケット」を購入しました。

マイバスケット

こんにちは!Izumiです。

令和2年7月1日からレジ袋が有料化になりますよね。

スーパーに買い物ではマイバッグを持参していくけれど、ドラッグストアやコンビニではビニール袋がもらえる。

無料なのをいいことに、さも当たり前のように店の袋をいただいていたのだけど、完全有料化となって焦り出す。←なんか恥ずかしい。

「何か対策を考えないとな〜」と思っていた所、これまで使っていたエコバッグのチャックが取れまして。

結構前から、中の保冷シート(銀のやつ)がボロッボロになってたんですけどね。笑

完全に使い倒したので、新しいエコバッグを探していたのです。

が!エコバッグよりも、マイバスケット(スーパーカゴ)の方が良いのではないか?と思い立ち

マイバッグを辞めて、マイバスケットで買い物することに決めました!!

レジ袋有料化=マイバッグ

だと思い込んでいたけれど、私の住む地域は車必須!買い物はいつも車です。

荷物の持ち帰りは楽。となれば、自分のカゴで買い物するいう選択肢もあり。

マイバスケットの魅力を伝えていくよ♪

買い物はマイバスケットで!レジ袋有料化対策

マイバスケットに入れた食材

マイバスケットと言うと、スーパーで買えるスーパーの「ロゴが入った買い物カゴ」というイメージがありますが

ネットで調べるとデザインも色も豊富なのです♪

MAHAL BASKET(マハロバスケット)について

マイバスケット

私が購入したのは、マハロカンパニーという日本の会社が作るバスケットです。

他のメーカーもあったのですが、私がこちらの商品に決めた理由の一つは、マハロカンパニーさんの取り組みが気に入ったから。

I watch Peace ロゴ

I watch peace 〜私は平和を見守っている〜

この目のマーク(ロゴ)が付いた商品を買うと、その売り上げの一部が、世界の大変な思いをしている子ども達に使われるそうなのです。

これは完全なる私の主観なのですが、ただお金を寄付するとなると「本当に正しい使われ方をしてるのかな?」って思えてしまうんですよね。

そして、国内でも大変な思いをしている子ども達は沢山いるわけで。そう考えだすと「何が自分が普段使うもので、その中で貢献できるもの」が私としては一番続けられる。

そんなわけで、マハロカンパニーさんのマイバスケットを選んでみました!

MAHAL BASKET(マハロバスケット)のサイズ

マイバスケット一度に2カゴ分買い物することは、ほぼないので2種類のサイズを購入しました!

マロハバスケット(レギュラー)

マイバスケットこちらは、スーパーに置いてある通常サイズのバスケット。

カラーは全部で20種類以上!ちなみに写真のバスケットは「バーガンディ」です。

・サイズ(幅)50.7㎝×(奥行き)36㎝×(高さ)24㎝

・耐加重:約10kg

マハロバスケット(リイ)

マハロ バスケット リィこちらは、スクエアタイプのマイバスケット。珍しい大きさですよね。

少しだけ買い物したい時は、こちらが便利そうだなと思い選びました!

・サイズ(幅)36㎝×(奥行き)36㎝×(高さ)22㎝

写真のバスケットは「サンフランリーフ」

マイバスケットを使って、実際に買い物してみた!

エコバスケットと食材
さっそくマイバスケットを使って買い物してみました!

買い物するときは、普段通りカート上の段にお店カゴをセットして、下の段に自分のバスケットをセット。

マイバスケットの使い方↑こんな感じで買い物します。

自分で詰め替えしなくて良いので本当に楽!

以前のエコバッグは買い物カゴにセットするタイプのものを使っていたんですが、混雑時に店員さんに袋詰めをお願いするのに気が引けてしまって…

買う量にもよるけれど、やはり通常のカゴに比べるとお店の人も入れづらいかな?と思い自分で袋詰めをしていました。

カゴだったら、お店と同じだし頼みやすいね
何よりカゴ以上に買い過ぎないよう気を付けて買い物ができる!

これぞ一石二鳥!!

マイバスケットと食材買い物が終わったら、このまま車に乗せるだけ。

車の中に長時間カゴを放置すると変型する場合があるそうです。

商品説明では耐熱温度90℃となっているので、個人的には大丈夫じゃないか?と思うけれど自身の判断で決めましょう。

マイバスケットがおすすめな理由

マイバスケット
  • 袋詰めからの解放
  • 時短
  • 小まめに汚れを拭き取れるので衛生的

レジ袋有料化によって袋詰めはどうなる?

マイバスケットがおすすめな理由は、時短や楽なだけでなく今後起こるであろう「袋詰め問題」

と言うのも、スーパーは広い袋詰めコーナーがあるけれど、ドラッグストアはそういう台が設置されていないお店も多いじゃないですか。

コンビニとかもそうですし。

これまで店員さんがしてくれていた袋詰めが今後どういう形になるのかは分からないけれど。

カゴだったら店員さんに入れてもらうにしろ、自分で入れるにしろ袋よりはスムーズだと思うんですよね。

デメリットは?

  • マイバッグに比べると保管に場所を取る
  • 保冷機能がない為、夏場「アイス」や「生モノ」は心配?

車移動なので持ち帰りの時間は知れていますが、真夏は小さい保冷袋を持っていこうかなと思っています。

マハロバスケットの付属品

私は今のところ購入していないですが、マハロバスケット専用の付属品もあります。

マハロバスケットのフタ

バスケットにつける専用のフタ。

確かに持ち帰りの際の安心感はありますよね。

マハロバスケットのインナーバッグ

生野菜など、カゴに直接入れるのに抵抗がある方は安心かも。

あとは、どうしてもカゴの隙間から野菜クズ(玉ねぎの皮とか)が落ちたりしますからね。

バスケットだけでは気になる方は、付属品と一緒に使うことでさらに使い勝手が良くなるかもしれません。

レジ袋有料化に向けてマハロのマイバスケット始めました!まとめ

マイバスケットに入れた食材

スーパーにマイバッグやマイバスケットを持って行くことは、すっかり慣れているけれど、ちょっとした買い物とかはどうなるんでしょうね。

例えば、服とか雑貨とか。

そう考えると、常にかばんの中にマイバッグは忍ばせておくことになりそう。

結局はこうして強制的に(お金を徴収)するという状態までいかなければ、エコ活動はできないと考えると「なんと意識が低いのだろう…」と気付いた私なのでした。←あぁ、もう少し気をつけよう。

車移動の方はマイバスケットという手もアリ!というお話でした♪

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

6+
ABOUT ME
izumi
izumi
フルタイムで働きながら4年制大学の通信教育部で学ぶシングルマザー。子育て・仕事・学業に毎日奮闘!2020年4月から3年目に突入。大学では福祉・心理学 ・スクールソーシャルワークを学んでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です