Blog

ブログに賞味期限はあるのか

こんにちは!Izumiです

以前書いていたブログの記事をこちらへ移行することに決めました。旧ブログ記事は全て消去されます。

お知らせを含めて、ブログを移行する上で考えたことをシェアしていきたいと思います。

 ブログにも賞味期限はあるのだろうか

WordPressでブログを書き始め、100記事目を迎えようとしています。

前に書いたことがあるのだけれど、私は以前主婦ブログサイトで数年ブログを書かせてもらっていました。

アイキャッチ
元、主婦トップブロガーが思うWordPressに移行して思うこと。こんにちは!Izumiです。 ブログを始めてから6年半が経ちました。一番初めはアメブロからスタート。その後、主婦ブログサイトでトッ...

その記事にも書いたのだけれど

現在のブログを始めたと同時にくらいに、当時書いていたブログサービス終了の知らせを受けました。

私が個人でブログを始めようと思ったのは新しい場所で一から始めてみたい気持ちがあったから。それでも、当初は両方のブログを続けるつもりでいたので驚きは大きかった。

けれども、まぁ「いいタイミングで新しくブログを始めたものだなぁ」なんて思ってもいた。

ブログサービス終了後も、今まで書いてきたブログはサイトに残る。希望すれば消去をすることもできたのだけど、サイト自体が大きいこと。それから、当時のブログはある程度まとまった記事数とアクセス数があり、検索エンジンにも引っかかりやすい状態であった。

思い入れのある場所だったし、わざわざ、こちらのブログに持ってくる利点も思いつかなかった。

新しく始めるブログは、それまでのブログの書き方や雰囲気をガラッと変えていきたいと思っていたし。端から旧ブログの記事をこちらに移行する気などさらさらなく、元の場所に記事を残しておこうと思っていた。

旧ブログを移行する

最近になって不思議なことが起こった。

先ほど言ったように、旧ブログを移行するつもりはなかったので、消去依頼はしていなかった。それなのに、何故か私は”ブログの消去を希望していることになっている”らしいことが判明。

なぜ、それが分かったのかというと、本当に消去するかとの再確認のメールが来ていたからだ。そのメールがなければ、自分の知らないうちに全ての記事が消えていた。

このブログ記事移行は考えてなかったけれど、何にか自分の中で引っかかって仕方がない。

ある人に「前のブログを持ってこればいいのに」と言われたことも頭のどこかにずっと残っていて。

新らしくブログを始めたタイミングでブログサービスの終了を知り、消去依頼していないけれど、いつのまにか消去を希望している(ことになっている)

んー

これは、何かのお告げかもしれない。

ブログは生もの

 

昔書いたブログを移行するかどうかは、まぁ置いといて、とりあえず自分のブログを保存しておくことにした。

とりあえず手元に残した記事数は78。ブログ終了が決まってから、いくつかの記事は既に消去済みだったので、そこから更に絞って残ったのが、これだけ。結局半分以下になってしまった。

ブログの鮮度

旧ブログから読んでくださっている方の中には、ご存知かもの方もみえるかもしれませんが、昔書いたブログ数百記事を全て消去したことがあります。

自分の勝手な判断で、迷惑をかけたこともあるので反省もあるだけれど。

でも、嫌だったんですよね。私。

記事を消した理由は「離婚が決まって新生活をスタートするタイミング」だった。過去を葬り去り一新したかったのです。

それに、私はブログは生ものだと思っていて。やっぱりブログって書いた瞬間が最高の状態なんですよね。(自分にとってのね)

私なんかは、文才もセンスも持ち合わせていないただの凡人なので、ただ感情に任せて思ったままを書いていることが多くて。

だから、時間が経つごとに私の中で変化が起きていくのです。

感情って常に同じじゃないし、根本の部分はそうそう変わらないと思うんだけど。私は、すごく短いスパンで考え方がコロコロ変わるのです。

だから今日はこういう風でも、明日は全然違ったり。逆に一周して元に戻る。みたいなのも全然ある。

だから振り返って見たときに、んーなんか違うなー。とか思うこともある。でも、それは私が自分で本当に思って感じたことであり、私自身の価値観であるのは間違いないんだけど。

ブログってずっと残るし、どんなタイミングで、どんな記事の組み合わせで読んでもらえるかなんてのは当然分からないわけで。

あまりに、考えが違いすぎると信憑性に欠けるというか、よろしくないんじゃない?と思い始めて。考えすぎかもしれんけど。

そんなわけで、日々変化(進化と言いたい)している私の頭と心。それも踏まえて今私が残したいと思えるものだけを取っておくことにした。

過去記事を掘り起こす 

 

私は全くと言っていいほど、過去を振り返らないタイプで基本、前しか見てない。

割と自分の都合のいいように記憶を書き換えたりするので、大概のことは美化されて記憶されている。この辺りは、自分でも”本当にいい性格してるわ”と思う。めでたい奴って意味でね。

ふっと思い出すことはありますが8.5割程度は忘れてる。良き思い出であろうことも、忘れるものだからケンカなったことも多々。

でも、本当に覚えられない。過ぎたことにあまり興味がないんでしょう。とか言って、単に頭の容量が少ないだけだったりして😅

たぶん、そういう所もブログを残す・残さないで迷っていた部分でもあり。わざわざ別の場所から引っ張り出して来るってどうなのよ?と思っていたわけです。

昔の記事ってそうそう振り返って見ないので。それでも、ふとした時に見ると鮮明にその時のことが蘇ってくるような気もする。

ブログに賞味期限はないが・・・

 

私がブログを書くときは、頭の中にフッと浮かんだ言葉を広げて広げて書いていく。

人って一日の中でどれだけの言葉が浮かんでは消え、浮かんでは消えて・・・を繰り返しているんでしょうね。

キーワードみたいな物が頭の中にポンポン出てくる時には、記憶しておくのが大変だったりする。すぐに書き留めればいいんだけど、集中してないと数分後には消えていく。

だから新鮮うちに調理するというのは大切だと思うのです。まったく同じ状況というのは、どんな時にもないですから。

それが実際は、大したことのないものであったとしても「その時、その状況の私にしか書けないもの」で、結構大切だったりする。時間が過ぎるうちに、気持ちも考えも変わっていくと思うけれど。

 

というわけで!これから以前のブログで書いた記事を順番にこのブログへ移行していくつもりです。

見ていると、旧ブログからのアクセスもあるので「この記事読んだことあるな」ってのがたくさん出てくるかと思いますので、お知らせしておいた方が良いと思って。

どんな感じで残して行くのかは、まだ考え中なのですが少しだけリライトし、あまり崩さず更新していくつもりでおります。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました🌼

9+
ABOUT ME
izumi
izumi
フルタイムで働きながら4年制大学の通信教育部で学ぶシングルマザー。子育て・仕事・学業に毎日奮闘!2020年4月から3年目に突入。大学では福祉・心理学 ・スクールソーシャルワークを学んでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です