通信大学

何かを始める時には、何となくでいいんじゃないかと思う。

こんにちは!Izumiです。

私は今、福祉系の4年制大学で、福祉と心理学を学んでいます。

30代シングルマザーが4年制大学に入ったキッカケ 離婚後の生活が不安だった 離婚前からパートととして働いていたので、現状仕事はある状態。今すぐに生活がどうこうというわけでは...

ほかの大学の通信課程はどんな感じなのかわからないんだけど、通っている大学の通信課程はコース制です。

私が選択しているのは

「社会福祉士コース」

「認定心理士コース」

そして、理想はそれにプラスして取りたいコースがあるのです。

目指すは「スクールソーシャルワークコース」!

このコースはスクールソーシャルワーカーを目指すものですものです。

スクールソーシャルワーカーは、児童相談所を始めとした行政機関や社会資源などの外部機関と当該教育機関との連携環境の構築、あるいは保護者の経済状況や就労状況などの生活面で、特に重大な困難や福祉的援助の必要性が認められる家庭への、社会保障・生活保護提供などを含めた自立支援相談が具体的な職務内容となる。

出典元:Wikipedia

なんかちょっと難しく聞こえるけど、ものすごく簡単に言うと、学校と家庭・社会資源を繋げるパイプ的役割です。

実は以前に書いた記事がスクールソーシャルワークのことだったのですよね。

女神降臨。人の優しさに感動ご訪問ありがとうございます!Izumiです。 世の中って本当に色んな人がいますよね。中には溜息が出るほど素敵な人もいるものです。 ...

このコースは入学時には選択できないもので2年生から参加できるスクーリングに出席→選抜→合格者のみがこのコースに入れるらしい。

さらに、仮に選抜合格して、必要な科目を取って実習まで終えたとしても、スクールソーシャルワーカー協会に認定される条件として社会福祉士や精神保健福祉士の資格を取得していることなどが条件なので、私がもしスクールソーシャルワーカーとして名乗りたいと思うのなら、国家資格でたる社会福祉士の資格を取る必要があるのです。

(一応)社会福祉士コースに入っているものの、ハッキリ言ってしまうと、現時点では何が何でも社会福祉士の資格を取るぞ!とは思っていません。

*もちろん、目標ではあり目指してはいます。

「なんとなく」からスタートするから始められる。

高認取得から大学に入るまでの流れは、本当に早くて流れるようにここまで来ました。

【30代シングルマザーの高認資格取得】約半年で高認に合格した方法   私が通信大学で学ぶことになったキッカケは高認試験を受けたことでした。高校を2年生の時に中退しています。...

「私はこれがやりたいんだ!」と決めて大学に入ったわけではなく、当時の自分の状況を打破したかったら。

不安を打ち消すには、自分が行動するしかない。

ただ、待っていても何もおきないし。とりあえずこっちの方に進んでみようかな〜ってそんなノリでいいと思うんですよね。

あんまり始めから気負いすぎると疲れちゃうし、焦ってだめになっちゃいそうだから。

これは、社会福祉士の合格率の低さに単にビビって保険を掛けているのか、福祉の仕事を全く知らない自分が・・・的な部分で弱気になってるのか?現実味がないのは、そういうのもあるかもしれません。

あと多分、一番大きいのは今の仕事と子どもたちとの生活を考えた時に、今の状況が私に取ってベストなんですよね。(子どもが大きくなったら話は別だけど)

前回スクーリングに出席した時に教授が言ってたのは、現時点でスクールソーシャルワーカーとして食べいけるかと言えば難しい状態であるということ。国はスクールソーシャルワーカーを増やすって言ってますけど色々と課題もあるようですし…

大学で学んでいることも楽しいし、福祉って面白いなって思うことも多いのは事実ですが、そういう様々な事情もあり、先がまったく想像できずにいる状態。

想像は結局、想像でしかない。

スクーリングでは、スクールソーシャルワーカーの活動とか2日間朝から夜までガッツリやるですけど、やっぱりいくら勉強しても授業は授業。

スクールソーシャルワーカーの活動範囲って学校が中心になるわけですが、実際の活動をいろいろとビデオで見たり、演習をしたり。見れば見るほど考えれば考えるほど、到底自分には出来そうにないというのが正直な感想でした。もちろん、初めからできる人なんていないし何事も場数を踏んで出来るようになっていくんでしょうけど。

スクールソーシャルワーカーって配置型と派遣型の2つに分かれるようなんだけど、学校に配属された場合、その学校の教員達と連携し合って問題解決を図ることになるんですよね。

自分は学校にいるけれど、自分は誰に雇われているのか、自分の立ち位置はどこなのか。それをしっかり理解していなくてはいけないよと。

あと、最近話題のニュースね。職員間のいじめ。そんな簡単な言葉で片付けてほしくないですが。 本当にビックリというか、呆れるというか。言葉もないです。

ああいうのを見聞きするたび、世の中はどんだけストレスで埋め尽くされてるのかと思うんです。だって人を故意に傷つけるなんてよっぽどですよ?自分がされて嫌なことを人にしないって、小さな子どもでも分かることですよね。でも、そんなことも分からなくなっちゃうくらい、誰かを傷つけなきゃ耐えられないことがあるのかな。

ある程度、日々、幸福感とか感じられてたら人に嫌なことしようなんて考えないと思うんだけどな。悲しいことです。

そういうのも含めて、孤独というか、ものすごい強さがないと到底やっていけない仕事だと思いました。考えれば考えるほど、弱気になる。

予定通りに行けば卒業まであと2年半か。自己理解というか「自分に出来ることと、出来ないことがしっかり分かること」ってものすごく大切だし、偏った意見とか、差別的な意見をもっているんじゃないかとか。自分を疑ったり客観的に見るのってものすごく大切だと思っていて。とくに対人援助職に就く人にとっては。

で、そういうのって実際に経験してみて初めて分かることだと思うから、やっぱり頭でクルクル考えてても仕方がないと思うし。そういう向き不向きも、これから実習を経験する中とかで、自分なりにこれから理解していけるかなと思ってます。

大学のことに限らず、あんまり始める前から考えすぎず、とりあえずやってみてやりながら決めていく。というか、そうじゃないと知りようがないんじゃないかと思ってます。

ってまだ選抜これからだから、無駄な心配に終わる可能性だって全然あるんだけどさ。笑

レポートは来月提出するから、今年中にコース選抜の合否結果が出るはず!

またブログで報告しますね♪

(落ちてもちゃんと報告するよ)このブログはリアルが売りなので(笑)

 

読んでいただきありがとうございます!

 

通信講座・通信制大学特集
ABOUT ME
izumi
izumi
4年制通信大学に通うシングルマザー。 離婚を期に高校中退であることに不安を覚え高認資格を取得、その後通信大学に入学し現在福祉と心理学を学んでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です