MENU
カテゴリー

夏に行きたい!子連れ旅行!日間賀島へ

海

こんにちは! Izumi(いづみ)です

夏休みの思い出作りを兼ね、家族みんなで日間賀島(ひまかじま)へ行ってきました!

この記事では、日間賀島の行き方や毎回利用しているおすすめの宿を紹介します。

Izumi
写真もたくさん載せているので、参考にしてみてください!

日間賀島の観光スポットはこちらの記事で紹介しています☟

あわせて読みたい
夏に行きたい!子連れ旅行!日間賀島旅行 part2 こんにちは!Izumi(いづみ)です。 この記事では愛知県の離島、日間賀島観光の様子を公開しています。 日間賀島おすすめスポットも紹介しているので、旅行を検討してい...
目次

日間賀島ってどんなところ?

日間賀島のビーチ

日間賀島は三河湾に浮かぶ離島。

2015年の国勢調査における人口は607世帯1,896 人と、コンパクトな島になっています。

愛知県の観光スポットというと名古屋が取り上げられますが、日間賀島は愛知県の隠れた観光スポットです。

その他、周辺には篠島(しのじま)・佐久島(さくしま)という離島もあります。

日間賀島は歩いて島を1周できるくらいの大きさなので、日帰りでも十分楽しめます

島独特の、のんびり雰囲気が味わいたい方には、かなりおすすめの観光スポットになっています!

Izumi
旅館も多く料理も美味しいので、個人的には泊まりで旅行するのがおすすめです!

夏場は海水浴もできるので、日間賀島は子ども連れの旅行にも向いています。

ぱんだ
夏休みは子ども連れの家族も多いよ

日間賀島の旅館を探す

日間賀島への行き方(師崎港から日間賀島編)

日間賀島フェリー乗り場

知多半島までは車・電車・新幹線・飛行機など、みなさん交通手段はそれぞれですが、日間賀島へ行くには最終的に高速船や貨物船に乗る必要があります

今回、私たちは車だったのでこのルートで行きました☟

名古屋高速道路→(大高IC)知多半島道路・南知多道路→(豊丘IC)⇒師崎港・カーフェリー⇒日間賀島

 

日間賀島までのアクセス方法は公式サイトに詳しく載っています。

県外から旅行に来る方は、こちらを参考にしてください。

  • 日間賀島観光協会公式サイトはこちら
  • 詳しいアクセスが知りたい方はこちら
Izumi
師崎港から日間賀島まで行く船は3パターンあります
  1. 高速船
  2. 車ごと日間賀島へ行けるカーフェリー
  3. 個人の海上タクシー

1.高速船で行く

高速船

少人数で日間賀島へ渡る場合は、定期高速船で行くのがおすすめです。

片道時間・料金

  • 片道約10分程度

料金は片道や往復で料金が異なるのでHPを貼っておきます。

師崎港から日間賀島への高速船料金はこちら

2.カーフェリー/日間賀島まで車で行く

カーフェリー

日間賀島へ行くには必ず船を利用することになりますが、車を船に乗せて島まで行くことも可能です。

宿泊の場合、場所によっては船を降りてから旅館まで数キロ歩かなくていけない場合もあります。

小さいお子さんや高齢者の方がいる場合は、車ごと船に乗せて日間賀島へ行った方が便利かもしれません。

日間賀島は場所により道や駐車場が狭いので、大き目の車は注意が必要です。
予め、旅館に問い合わせてください。

片道時間・料金

時間は片道20分程度

料金は車両の重さによって異なるので、詳しい金額がわかるようHPを貼っておきます。

師崎港から日間賀島へカーフェリー料金はこちら

個人の海上タクシー

海上タクシー

日間賀島へ行くには高速船やカーフェリー以外にも、個人の海上タクシーがあります。

高速船やカーフェリーは時間が決まっているで待ち時間がありますが、海上タクシーは師崎港の港で電話をすると、いつでも来てくれるので便利です。

団体だと高速船より安く抑えられることもありお得ですよ。

Izumi
めちゃくちゃ揺れるので、アトラクション気分で乗れます!

片道時間・料金

片道5分程度

料金は大体、どの海上タクシーでも同じですが人数や時間により異なるのでHPを貼っておきます。

海上タクシー2社

師崎港の駐車場

日間賀島行きの船乗り場すぐ横に平面と立体駐車場(1Fのみ)があるので、車はそこに駐車しておいて人だけ船に乗り日間賀島へ行くことも可能です。

駐車場料金・営業時間

営業時間

午前5時~午後9時(出庫は終日)

利用料金

  • 50分以内は無料
  • 1時間ごとに100円
  • 20時~24時間まで2000円
  • 24時間以降は2000円+1時間ごとに100円

利用台数などは詳しい情報は南知多町のHPを確認してください→こちら

日間賀島への船乗り場はここ!師崎港観光センター

師崎港(もろざきこう)につくと、師崎港観光センターが目の前に見えてくるので、ここで高速船に乗るためのチケットを購入します。

師崎港観光センター

今回、私たちは車4台で港まで向かいましたが、予約した旅館は駐車場があまりないので、3台はカーフェリーに乗せて、1台は港のパーキングに停めて移動しました。

荷物も多いし、子どもと祖母も一緒なので今回はカーフェリーで行きましたが、海上タクシーは名の通り(笑)すごいスピードと揺れで楽しいですよ~!

カーフェリーチケット

これがカーフェリーのチケットになります。
軽自動(大人1人+子ども2人)で往復料金は4,340円でした。
カーフェリーへの乗り入れ・下車は運転者自身で行います。
ぱんだ
車はちゃんと誘導してくれるので心配しなくても大丈夫!

師崎港の食事処

師崎港の食事処

師崎港には、食事を取る場所が数か所あります。

この日営業していたのは観光センター内と、この「うみのごちそう屋」の2軒のみでした。

師崎港の食事処

平日でしたが、お店の中は沢山の人で賑わっていました。

みなさん海の幸を堪能されてましたよ♪

ラーメン

しらす丼

あさりの酒蒸し

貝を食べる子ども

お腹いっぱい食べたところで時間も迫ってきました。

車に乗り込みフェリーの到着を待ちます。

日間賀島へ行くためのカーフェリー

師崎港カーフェリー

来た来た~!

向こうからフェリーがやってきました~!

カーフェリーを待つ車

日間賀島から来た人や車がフェリーから降りたところで、今度はこちらで待っている車が乗り込みます。

慣れないことなのでドキドキしますが、前向き駐車するような感じで乗り込みは難しくないです。

船の中はこんな感じ。

カーフェリー

このまま日間賀島に到着するまで車の中で待っても良いし、外に出ることもできます。

デッキに上がると椅子が並べられていて、外を見渡すことができるので、おすすめです。

船に乗る子ども

普段、船に乗る機会などないので、子どもたちも大喜びです。

日間賀島風景

師崎港がもうあんな遠くに!

20分ほどで日間賀島へ到着!あっという間です!

日間賀島へ到着

日間賀島カーフェリー

このまま車で予約している宿に向かいます。

島の中は狭い道が多いです。とくに旅館が集まる場所は入り組んでいるので注意が必要です。また、民宿の駐車場の台数が確保されていない所も多いので事前に確認しましょう。

ぱんだ
旅行は荷物が多いから大変だもんね

日間賀島の民宿「大海老」

日間賀島の民泊

昔から日間賀島に来たら「大海老(だいかいろう)」さんに泊ると決めています。

子どもの頃から来ているので、懐かしさすら感る。派手さはないですが、この落ち着いた感じがいいですよね。

おすすめポイント①オーシャンフロント

オーシャンフロント

オーシャンビューどころか、オーシャンフロントです!

目の前が海なので、旅館を出てすぐに直行できます。

景色がいいのはもちろんですが、子どもがいるとビーチに行くまでが大変ですよね。荷物も多いし、移動だけで疲れるので。笑

ぱんだ
海沿いの旅館は家族連れにありがたいね

荷ほどきして、さっそく海へ!!

日間賀島ビーチ

水がすごく綺麗なんですよ~

近場で海に行こうとすると海はすごい濁ってるし、海藻がウヨウヨいるから苦手で・・

日間賀島の海は綺麗だから躊躇せず入れることができます。

海に入る子ども

ちなみに旅館「大海老」さんの入り口には、浮き輪の空気入れもあるので無料で借りることもできます。

使った浮き輪も玄関のスペースに置かせてもらえるので助かります。

海に入る子ども

一通り遊んだら、お風呂に入ってお待ちかねの夕食時間です。

お風呂は男女別の大浴場が1種類となっています。

おすすめポイント②夕飯

旅館の夕食

あーーーー。

やっと飲める。

この上手さ。いわずもがな。

刺身盛り

食事に夢中になってしまって、全然写真がないのが申し訳ない。

パンダ
まったく~

大海老さんは食事も美味しくて、量も多いので男性でも十分満足できる量ですよ。

日間賀島はタコが有名なので、1匹丸々茹でたタコも出てきます。

旅館の夕食

こちらは子ども用の夕食

民泊の夕飯

鶏のからあげとか、タコの唐揚げなど子ども達が好きそうなものが並んでいました。

ご飯とお味噌汁も、もちろん付いてきます。

※朝食は次の記事で紹介しています

サンセットビーチ

夕食も海が見えるお部屋でいただけるので、とても綺麗です。

たくさん食べて、良く飲んで幸せ幸せ~

日帰りだと帰りの時間が気になってゆっくりできないので、時間があるなら絶対に泊りがおすすめです!

「大海老」の情報はこちら

日間賀島の宿を比較するならコチラ

あわせて読みたい
夏に行きたい!子連れ旅行!日間賀島旅行 part2 こんにちは!Izumi(いづみ)です。 この記事では愛知県の離島、日間賀島観光の様子を公開しています。 日間賀島おすすめスポットも紹介しているので、旅行を検討してい...
Izumi
小学生2児の母。
離婚後の不安から色んなことに挑戦しています。
迷ったらとりあえずやってみる!がモットー
YouTubeでも発信もしています
海

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

目次
閉じる